ファクトチェック対象

使用済み核燃料を再処理すると、処理期間は300年、直接処理だと10万年かかる

2021.9.18 岸田文雄・元外務大臣の発言

ファクトチェック結果

ミスリード

日本原子力学会が19年にまとめた提言では、岸田氏の言う「300年」の実現について、「今世紀後半から22世紀にかけて技術を確立する」としている。 発言は高速炉サイクルの実現が見通せていない現状や前提に触れていない。

岸田氏「使用済み核燃料、再処理すれば期間300年」はミスリード【朝日新聞】(2021.9.30)

朝日新聞

情報提供する

このファクトチェック結果に関して有益な情報をお持ちの方はご提供ください(コメントは承認制)。それ以外の情報提供は⼀般通報ページからお願いします。

お名前 *

png,jpgのみ対応

©2020 - 2021 FactCheck Navi powered by FIJ