ファクトチェック対象

(現行の刑法では)「眠っている又は意識なし」の人との性行為は犯罪にならない

2021.3.1 NO YOUTH NO JAPAN

ファクトチェック結果

誤り

「眠っている又は意識なし」の人は「抗拒不能又は心神喪失」にあたり、同意なく性交すれば準強制性交等罪(刑法第178条第2項)に該当するため、犯罪が成立する。

「同意なく『眠っている又は意識なし』の人と性行為した場合は犯罪にならない」は誤り【InFact】(2021.4.28)

InFact

情報提供する

このファクトチェック記事に関して有益な情報をお持ちの方はご提供ください。資料として画像も添付できます(コメントは承認制)。それ以外の情報提供は⼀般通報ページからお願いします。

お名前 *

png,jpgのみ対応

©2020 - 2021 FactCheck Navi powered by FIJ